ブログ

こんにちは、ユニッシュの涌田です(^^)

 

レセルボディによる筋膜ケアセミナーがスタートしてから今月で丸一年となりました!!

ありがたいことに毎月たくさんの先生方にご参加いただき、ご好評いただいております^^

まだまだ『筋膜』といわれてもピンとこない先生方も多いのでは・・・?!

実はこの筋膜、≪第二の骨格≫と言われるほど重要な役割をしています。

~筋膜の3つの役割~

 

①カラダを内側から支える

筋膜と聞くと筋肉を包む膜をイメージされる方が多いと思いますが、実は筋肉だけではなく内臓や骨、血管、神経といったカラダのあらゆる組織に付着し、それぞれの組織がバラバラにならないようにまととめる役割をしています。

筋膜

☆黄色の皮=皮膚

☆果肉=筋肉・内臓・骨・血管・神経等の組織

☆白い皮・薄皮=筋膜

グレープフルーツを食べる時、ひと房ずつバラバラにしても白い薄皮があることで中の果肉自体はバラバラにならないですよね?!

これが筋膜の役割です!!逆にこの薄皮(筋膜)がなれけば果肉(カラダの各組織)はバラバラになり、果汁(体液)も流れでてしまいます。

私達の肉体を形作るのに不可欠な組織なんです!!

 

②カラダの柔軟性を保つ

ストレッチをする=筋肉を伸ばす⇒✕

ストレッチをするときに伸ばしているのは、筋肉ではなく筋膜なんです!!

筋膜には可塑性(粘土のように形を変える性質)があり、伸縮性に優れています。これが日常生活の癖や運動不足、加齢などにより硬くなることでカラダの柔軟性を失います。

筋膜に伸縮性を与えることでカラダの柔軟性を保ち、ケガや慢性痛を予防することに繋がります。

 

 

③カラダの巡り・循環を整える

筋膜は①にもあるように血管やリンパ管にも付着しています。

そのため、筋膜が癒着し硬くなることで循環不全の原因となってしまいます。

一生懸命マッサージしたり運動しても、冷え症やむくみが改善されないという方は、筋膜の癒着が原因となっているかもしれません。

筋膜の癒着や拘縮を改善することで、巡りの良い健康なカラダへ改善、維持することが出来ます。

 

 

筋膜は健康面はもちろん、美容にも大きな影響を及ぼします!!

何をしても痩せない、むくみが取れない、顔やカラダがたるむ・・・といったお悩みをお持ちの方は、ぜひ一度筋膜のお手入れをしてみてください(*^^)v

 

 

今後とも、レセルボディ(小型機器で筋膜リリース)のユニッシュを宜しくお願い致します(^^)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)