ブログ

こんにちは、ユニッシュの涌田です!(^^)!

もうすぐ3月!!そろそろ薄着になる準備が必要な季節になりますね。

女性が引き締めたいカラダのパーツ断トツ1位が「お腹・ウエスト」です!!

お腹周りを1センチ減らすために必要な減量をご存知ですか??

なんと1キロです!!!!!

体重を1キロ落としてもたった1センチしかお腹周りはサイズダウンしないということです。

 

そこで、必要になるのが部分痩せです!!

気になるお腹周りを効率よくサイズダウンさせたいけど、つらい運動や筋トレは続かないですよね?!

日常生活で3つのことを意識するだけで、引き締まったウエストラインに近づけます(^^)/

 

お腹周りを引き締める3つの方法

 

1、正しい姿勢を意識する

椅子や壁にもたれかかったり、背中が丸くなりやすかったりとすると、腹筋が全く使われていない状態です。

どうしても日常の癖で自分が楽な姿勢を取りやすくなるため、ぽっこりお腹がでてしまう原因に・・・

背筋をぴんと伸ばしてみてください。

自然とおへその下あたりに力が入るのをご実感いただけると思います!これが筋肉が使われている証拠です。

 

2、呼吸を意識する

少し前にドローインダイエットが大流行しましたよね?!

このドローインダイエットも呼吸を意識したダイエット法なんですが、日常生活で取り入れるのであれば腹式呼吸だけでも充分です!(^^)!

鼻から息を吸ってお腹を丸くし、吐く息でお腹をぺったんこにしていきます。

これを1回5分続けてみてください。内臓も温まるので、冷え性の方にも効果的!!!

眠りが浅い方、寝つきが悪い方は夜寝る前に行うのがおすすめです^^

 

3、たんぱく質を積極的に摂る

パンやご飯などの炭水化物には、多くの糖質が含まれています。

この糖質、使いきれなかった分は皮下脂肪として体内に蓄えられてしまうんです(>_<)

さらに、白砂糖や白米、食パンといった白色の糖質はカラダを冷やす要因となります。

そこで、積極的にとりいれたいのが赤みのお肉や脂身の少ないお肉や魚、豆腐や納豆といった良質なたんぱく質です。たんぱく質は、筋肉作るためにかかせない栄養素です!

糖質を控え、その分良質なたんぱく質の量を増やすことでぽっこりお腹解消に繋がります。

 

日常生活を少~し見直してぽっこりお腹を解消、し薄着になる準備をしていきましょう(^v^)

今後とも、レセルボディ(小型機器で筋膜リリース)のユニッシュを宜しくお願い致します(^^)

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)